最新バギー TRF201を評価する! 組立編vol.3

<行程7> リアアームの組み立て

写真の撮り忘れ。www
組み立て行程上、特に難しい事はありません。
動きの渋い部分があり、すり合わせを行いました。


ひとつだけ意味が分からないのが、リアハブ上部のピロボールの付け方。

ここをどうして、ネジとピロボールナットにしたのか分からない。www
しかもピロボールナットはアルミ部品。
きっとすぐに痩せてガタガタになってしまいそうな予感です。

普通に鉄のピロボールで良いんじゃないの?
緩みが怖いんだったら、裏側をナット止めすれば良いし…。

バネ下荷重の低減が目的なのか?良く分からん。


<行程8 リヤアームの取り付け>

写真の撮り忘れ。www
組み立て行程上、特に難しい事はありません。


<行程9 ギヤケースの取り付け>
<行程10 ユニバーサルシャフト>
<行程11 ユニバーサルシャフトの取り付け>



ここも難しい事は何もありません。
普通の車と何ら変わりません。

ささっきーの場合、
ギアボックスの上側を止めるネジを締めすぎてちょっと舐めました。www
樹脂は必要以上にトルクをかけると舐めますので締め過ぎに注意!

ちなみにこのモータープレート、かなりの厚みがあります。
おそらく曲がってしまうことは無いでしょう。

この写真で良く分かると思いますが、
ギアボックスは右にオフセットされています。

これは最新トレンドで、モーターをセンター配置しているワケです。
うーん…。走りそうです!!


<行程12 リヤダンパーステーの取り付け>



リヤダンパーステーを立てます。
特に難しい事はありません。

ボディはベルクロ止めしますので、後部ボディフックは取付けしませんでした。


<行程13 モーターガードの取り付け>



特に難しい事はありません。
だいぶ形になってきました。


<行程14 ステアリングワイパー>



※このワイパーの付け方は間違っています。
 ささっきーは後で気が付いて修正していますので、マネしないように!

ステアリングワイパーはすごくしっかりとした頑丈そうな作りになってます。
ここでもホロービスとピロボールナットを使った止め方には疑問あり。www


<行程15 ステアリングワイパーの取り付け>



※ステアリングワイパーはこの付け方が正解です。
 単に向きを変えただけなので、ピロボールの位置が間違ってます。www
 標準設定は前側です。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

表現が適切でないので一部訂正します。

誤) ギアボックスが右にオフセット…

正) ギアボックスが右に延長され、モータープレートが右にオフセット

No title

ナット型のビロボール
鉄製がでています。色の統一感ですかね~

バギーであのアルミはギタギタに501でなりました
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク