2009年 GBラウンド7に行ってきました! part.3

今回はBJ専用にセッティングを何箇所か変更しました。

参考になるか分からないし、実際に本当に効果があったのかは疑問ですが
とりあえず自分自身のメモとして内容を残します。www

①ギア比の変更
 変更前:87スパー+16ピニオン
 変更後:87スパー+20ピニオン

 正直、あまり変化を感じなかったが、とりあえずこれに決定。
 ピニオンが4枚も違うのに変化を感じない自分に脱帽。www

②ウイングリップのカット
 変更前:ノーカット
 変更後:全カット

 ボクの基本はフルリップですが、これはあくまで強度確保の為。
 しかしこの時のレイアウトでフルリップはムダ。

③ダンパーシャフトにOリングの追加


画像はフロント部 F4個、R3個

 これはXGEARのオイルが、奥で固くなるというしひろブログ、
 マイケル情報を元に考案した設定です。
 B-MAXはダンパーストロークが大きいので、実際に一番奥の
 部分までは使って(使えて)いませんでした。

 ささっきーはギャップ派のドライバーなので、足は柔らかめが好き。
 しかしジャンプを跳ぶには足を固くしなくてはならない。

 この相反する2つの機能をOリングを使うことで対応出来たと思います。
 ギャップ走破にはストロークの初期~8、9割部分を使用し、
 ジャンプの飛出し、着地の衝撃には残りのOリング部分を使用します。


 この設定にはこんなメリットがありました。

 高速バンクを全開で駆け抜ける時に、ギャップ用の柔らかい足だと
 踏張りが利かなく場外に出てしまうパターンがあったが、
 Oリングで最後の踏張り部分を規制している為、全開走行可能。

 Oリングでストローク規制している為、
 ジャンプ台に向かって全開で突っ込める。
 GBのジャンプ台は削れ易いので全開で突っ込むとフロントノーズを
 斜面に擦ってしまい、きれいに飛べない場合があります。

 Oリングでストローク規制している為、ジャンプの着地で底打ちしない。

 ホントは操作方法で何とでもなる部分なのですが、
 腕が無いのでスロットル操作をゼロかイチに限定出来る効果が
 一番良かった点だと思います。


④最後のチューニングは勇気w

 あとは…
 『跳べる!』と思うこと。8割。
 『グッちゃんとやり合えるのは俺だけだ!』と思うこと。2割。www
 実はこれが一番の武器だったのかも知れない。


<まとめ>

結局…。
良い意味で言えばセッティングがハマッた。
悪い意味で言えば腕の無さをセッティングで逃げた。
と、言えるかも。

とにかく難しい事は考えずに、とにかく全開で走れる、
突っ込めるってのがポイントなのですが、これをやってると
腕の方はあまり上達が無いかも知れません。www


でもひとつ言える事は、自分が望む車の姿がイメージ出来る様になり、
イメージする車の状態にする為に何をしたら良いかっていうのが
理論じゃなく感覚で分かる様になってきたということ。

車を『煮詰めていく』って感覚はすごく楽しい。

今回の件でまたひとつ小さな小さな一歩を
前に進めたと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

理論と感覚のコラボレーションや~
あの日はささっきーの走りが違うよね~と話していました。

ラジコンは一部を除いて、監督、メカニック、ドライバーを一人でやるのでどれ一つが欠けても結果が出ないような気がします。よって作戦、車のセット、腕が良かったと言うことです
次レースではガブッと喰らい着いちゃる

No title

バンプラバーですね。ダンパー後半を規制する
考えましたね~ ふむふむしながら読んでました~
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク