2009年 GBラウンド7に行ってきました! part.2

< 予選 >

 最初はビビリながらも徐々にペースを上げていきます。

 当日の天気は快晴。
 上空および低空の風は微風。

 ささっきー式ドルフィンジャンプは、
 風の影響を受けやすく、細心の注意を払わなくてはいけません。

 ピリリッ(←ニュータイプの効果音:ガンダム参照)

 行ける! そこっ!!
 
 一番最初のBJを起点にペースアップ。

 跳ばなかったのは、2回くらいだったかな?
 跳んだ時のミスは無かったと思う。

 タイムは12周5分00秒XXで13周に入れず。

 ターゲットのグッちゃんはだた一人13周に突入!
 グッちゃんは熱い、熱いネ!!


 予選2回目は絶対にタイムが出ないのは分かっていましたが、
 水撒きがあったのでちょっと期待して走りました。

 しかし、

 高速バンク上にギャップが出来始めており、
 BJへの加速区間に不安がある為、強気に攻めていくことが出来ず、
 心が揺らいだ時に運転もダメになってしまいました。

 勿論、狭山さんもタイムアップ出来ず、
 ささっきーの2番グリットは確定しました。


< 決勝 >

 決勝のスタートグリッドは2番。
 しかしこの2番グリッドはボクにとってかなり大きいです。

 今回のレイアウトと路面状況、スタート位置の関係から、
 フロントロウの2台が圧倒的アドバンテージなのは見て分かります。

 後方から余程無茶なアタックが無い限りは、
 安全にスタートを切れるはずです。


 選手紹介の前に、グッちゃんと固い握手を交わしました。

 公式練習では全くついて行くことが出来なかったささっきーを
 グッちゃんがライバルの一人として認めてくれたと解釈します。

 なんだか分かりませんが、何回もニギニギしてくるので、
 こっちも何回もニギニギして返しました。www

 きっとグッちゃんはささっきーが好きなのでしょう。www  


決勝、スタート!!


 全車、うまく融通しながら高速バンク上に一列に並びます。
 さすがにAメのメンバーです。

 隊列を維持したまま、半周が過ぎます。
 しひろ山あとの2連Jの着地でグッちゃんのイン側少し前に車を落とし、
 ラインを塞いでパスします!(オレってカッコイイ!!w)

 …と! ここで再スタートコール!!
 ええええええええええっ!(ぶっちゃけ泣きそうでした。)

 今回は自分的にしひろ山~2連Jまでの走りが良かったと思います。
 2連J後の180°ターンは最悪に遅かったけど。www


そして再スタート!! 

 先ほどと同様にキレイなスタートです。
 グッちゃんにピッタリと張り付いて走ります。

 インフィールドは対グッちゃん比で1割ダウン無い位。
 これならBJを生かせるけど、怖いのは路面ギャップ。

 BJを封印して勝負所を見極めます。

 すると、BJでのリスクを背負う事もなくグッちゃんをパス。
 多分、グッちゃんは相当固くなっていたと思う。

 グッちゃんをパスした場所はあまり良く覚えてないけど、
 2~3周目の高速バンクへの立ち上がりだったと思う。


 ここからはクルージングに入った。


 かなり近い位置にデュランゴを感じたが、
 抜かれる事は無いと判断していた為、ペースを上げる必要は無かったし、
 実際、路面ギャップにビビってペースを上げることが出来なかった。


 終盤、石毛さんが追いかけてくる。


 そりゃ、そうだ!
 ささっきーは25秒ペース。遅すぎる。www

 石毛さんがピッタリと、ささっきーに張り付いて2~3周。

 ミスをする様子の無い石毛さんは、このままでは振り切れない。
 ささっきーの中では最終シナリオを書き換える。


 大時計はまもなく6分。最終ラップ。

 1車体分先行しているのは石毛号。

 このまま、ただ黙ってゴールに向うことはプライドが許さない。



 最高のクライマックスに最高のシュチュエーション。

 今、この日、この時、この場所、ここしかない!!

 BJを決め、自分自身の弱い心に勝ち、石毛さんの心を折る!



 
 それはまるで映画のサイレントシーン。

 時はゆっくりと、そして静かに流れる…。

 テーブルトップに飛込む真紅のB-MAXは、
 未来を目指すかのように真直ぐに空に舞う。

 ささっきー的ドルフィンジャンプ。

 最高到達地点で向きを変え、
 特徴的な放物線を描きながら、ピンポイントのターゲット(着地地点)へ。

 位置エネルギーを最大限に溜め込んだその車体は、
 2連ジャンプの間に落ち、そのまま山を越え、
 石毛さんの2車体分前に落ちたっ!!




 カッコ良すぎる!! オレ!!www

 …ってか、ここで正直満足してしまった感があり。www


 あまり良く覚えていませんが、
 左バンク後のヘアピンはささっきーが先行で飛込んだはず。

 しかし、操縦台下のマイケルジャンプへの
 折り返しヘアピン前では石毛号が先行。

 石毛さんと接触した様な???


 ここで焦ったささっきーは、先行して飛込んだ石毛号に
 インを塞がれているにもかかわらず、その内側を狙ってしまい
 パイプを引っ掛けてスピン。

 あとは残念で悲しいゴールラインが待っていました。www



 …でもね、久しぶりの表彰台はやっぱうれしい!!

 優勝を逃したのは残念だけど、
 それ以上に今回のレースは得るものがありました。


まだまだ続く part.3 へ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

表彰台おめでとうございます。努力が実を結びましたね

今回はイケてなかったんで次回のレースに向けて修行しま~す

ノグは今LOVE京商です

No title

お疲れ~。

グッちゃんはWTQだから、
表彰台くらいはささっきーに譲ってください。www
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク