『男だったら、コレを組め!! 京商 RT5編』 VOL.03

今日は組立を終了した時点での
ささっきー的視点からのキット評価をしたいと思います。

でわ、スタート。



①相変わらず、京商の説明書は分かりずらい。www

 ①-1  …ってか、そのネジはどの袋のモノを使うのか分かりずらい。
 → 『このネジは袋1から使います。』みたいな表記があると良いですね~。

 ①-2 プラワッシャーの指示で、どれがその厚みなのかすぐに分からない。
 →バンダイのプラモデルでパーツナンバーをランナー上に表記してるみたいに
  ランナー上に厚みを表記してくれると分かりやすい。


②キット構成は最高。

 アイドルギア、タングステンボール、テフロンシールドベアリング、
 コートダンパー、六角ビスが標準装備。
 もう買い足すものは何もありません。

 もし、ささっきー的モディファイを加えるとしたらなら、
 ショックキャップ&エンドボールをスチール玉にするくらいです。

 ①の内容は残念だけど、それがこのように、
 コストダウンと標準パーツの品質アップに連動してるなら許せます。

 あとやっぱり、デフ。 これはホント感動モノ。
 京商のタングステンの入った京商のデフは最高!!
 
 以前も書いたことがありますが、京商の車を走らせるなら、
 玉は絶対に京商のタングステンです! 間違いない!!


③精度○です。

 説明書通りに組立てれば、きっと誰が組んでもきちんと出来ます。
 組立工程も少ないので、そんなに時間もかかりません。


<採点>

今回の京商アルティマRT5の
ささっきー評価は…92点です!


8点足りない理由は、Oリングです。
今回のキットにはオレンジ色のOリングが添付されていました。
そのOリングが目で見て分かるくらいバリが出てました。


↑イメージ図 ※コレはあくまで分かりやすく誇張して描いています。

実際にダンパーシャフトを通すとやっぱり重い。
ホントにコレで良いのかちょっと不安。

でも、あれだけ大きなタイヤが激しく動くんだから、
意図的に計算されたパーツなのかも知れません。


<感想>

トラックに興味があるのなら間違いなくコレでしょう。
アソシ? ロッシ? ノンノン。 京商です!

実際の走りの方は、GB最終戦にて確認したいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク