GBラウンド 第9戦 レースリポート

早速ですが、いってみましょう~!!


<予選1回目>

三瓶選手と同ヒートでスタートで緊張感があります。
三瓶選手に後ろから追われるプレッシャーに負け、パイプに挟まってスタック!
ここで7秒ロスして13周5分20秒。
結構、良いペースで走れていただけに残念。



<予選2回目>

タイムアップして13周5分19秒。
三瓶さんは14周突入。
GBで14周はエキスパートの証明となってますね!!

予選TQ は三瓶選手 14周
予選2番手は崎山選手 13周5分04秒。
予選3番手は狭山選手 13周5分18秒。
予選4番手は門田選手 13周5分19秒。
予選5番手はボク   13周5分19秒。

↑予選1回目でスタックが無ければ3番手スタートだっただけに
 非常にもったいない!

この結果で、ささっきー暫定ギリギリの5番手スタートです。
次郎さんの2回連続リタイアが無ければB落ちでした。
あぶない、あぶない…。



<決勝Aメイン>

ボクは5番手スタート。
後方には勝ち上がりの6番手:奥選手、7番手:次郎選手。

路面は日中に多量に巻いた水で激G状態。

決勝スタート。

トップスタートの三瓶選手が逃げて行きます。
慎重にツッ込んだ1コーナーで6番手にダウン。

その後2回のスタックで順位は最下位。

レース中盤には三瓶選手はすぐ後ろに…。
(ってか、もしかしたら正確にはこの時2ラップ目だったのかも?)

レースも正直諦めかけていたので気持ちを切替えて…
どうせレースがダメなら三瓶選手から何か一つでも盗もうと
気持ちを切替えてバトルモードへ。
(※普通、ラップの選手が1位の選手に勝負しちゃイケません。www)

でも勿論、22秒台で走れないボクが三瓶選手との勝負になるわけも無く、
途中で軽くパスされました。

しかし、なんとしても付いて行きたい一心で頑張りました。
なんとか三瓶選手を視界の端に捕らえながら走ることが出来ます。

多分この時、三瓶選手は既にセーフティに入っていたか、
もしくはボクに走りを教える為にペースを落としてくれたんだと思います。
(そうじゃなくても、そういうことにしておきます。ポジティブシンキングです。)

しかし、ついていける時間は長くはありません。
徐々に視界にも入らなくなってきたあたりで、今度は奥選手が見えてきました。

ここには門田選手、次郎選手、奥選手が密集しています。

奥選手、門田選手、次郎選手の順でパスしたあたりで、
崎山さんリタイアの情報が!!

それから数周したところで6分のコール。
近江さんのアナウンスで『優勝、三瓶選手。2位、狭山選手。』
時間を空けて『佐々木選手ゴール!』

…ゴール??? 俺、何着だ???
崎山さんがリタイアしているからひょっとして…

そうです! 
最下位からの逆転で3位まで浮上していたのです!ラッキ!



<あとがき>


というわけで連続表彰台記録を9回まで伸ばしました。
優勝出来ない男と言われそうですが、まあ良いでしょう。

ただ、今回は反省点も多いです。
途中から勝ちたい気持ちが強すぎて走りが強引になっていました。

得意にしてた1コーナーのツッ込みも出来ず、
左側バンク直後のヘアピンでは門田さんのリアをプッシュ。
右側1コーナーでは次郎さんをインからぶつけてアウト側にプッシュ。
決してクリーンな走りとは言えませんでした。

みなさん、ゴメンなさい!!
冷静さを欠いていたと思います。




↑予告通り、三瓶さんのFSについて凄く感動した部分があるので、
  自分の言葉で伝えたいと思って原稿いっぱい書いてます。
  既に7ページぎっしりです。www まだまだ書けます。
  でもちょっと問題が…。


↑今日も眠くなってきたので寝ます~。
  おやちゅみなさい。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク