誰か教えて

もういい加減にモーターを燃やすのは嫌なので、
ラジコン歴5年を迎えた今、ギア比について勉強したいと思います。


例えば、モーターの説明書に適正ギア比10と書いてあった場合、
ギア比10で実走行してモーターの発熱が強いと感じた時に
ギア比を11に下げる(表現合ってます?)のは問題無いのでしょうか?

もっと極端にいうと、適正ギア比よりも大幅にギア比を下げた時に
モーターに対してのマイナス効果(燃えるといった不具合)はあるのでしょうか?

単純にギア比を下げれば、モーターへの負荷は減ると思っているので、実際のところどうなんでしょうか?


ps
マジでマシンとかチキチキとかいうのやめませんか。(笑)
正直、雑誌上では各社『マシン』って表現使ってますね。
ボク的には駅のホームで真っ裸になるくらい恥ずかしいです。(笑)

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

くさなぎ状態ですね(笑)

でっモーターですがいまだかつで燃やしたことはありません。
(モクモク経験はショッキーがもえただけです)

ギャ比ですが未だかつて気にしないのですが・・

目安 ここ覚えてください
スパーギヤ 81枚~78T おもに4WDも2WDもこのギヤしか 国内ハイエンドバギーはありません。(501X XXX4 B-MAXノーマル除く)

モーターターン数 例えば スパーあんまり気にしない(重心とかロールとか)

モーター     ピニオン
10T       18~19
11T       19~20
12T       20~21
現実的にはこの三種類しか使わないことにします。

ハイエンドに23Tってほぼ使いませんが つかうなら 24T前後 

2WDも4WDもこれでやってみてください~

・エンドベルの不良・
ベアリング交換した時や ブラシ交換をした時に
ブラシが通るラインがずれても熱をあたえてしまい ベアリングホールのガタが熱で発生
ローターがガタつき 燃やすこともあります。

真だしツールをつかうと完璧に戻ります。

・ブラシスプリング角度・
なども調整でパーワー感持たせるコツです。

・ショッキーダイオードもいいものを長く使う。

などでしょうか・・・真面目にいきました。

すいません・・・ブラシモーターネタでした・・
ブラシレスはまったくわかりません・・

お実行さん、解答ありがとうございます。

ギア比の事は良く解りませんがトレンドは外してないと思います。


モーターは新品でも、自分のメンテでも他人のメンテでも燃えます。

とにかく何でも燃えます。


一つ気になるのは、ショッキーを付けていない事です。

逆起電流が原因でしょうか?

まずは自分のマシーンのギア比を知る必要があります。スパー・ベベル・リングギア等すべてのギアを掛けたり引いたり割ったりすると内部ギア比が算出されます。B4・B44は「2.5」です(たしか・・・・)それにピニオンの枚数でギア比を設定します。詳しくはさっきぃ~さんがブロってくれると思いますけどwww

ギア比と発熱は大きく関係しているのは間違いないでしょう~w
ただ発熱が多いからギア比を低く?設定する。ん~~~あんまり考えたことないけど「あり」かもしれませんねぇ~だけどそれでドレだけの効果があるかはわかりません。
ぜひ実験してみてください。

燃えるのはアクセルワークだと思います。

たとえば2wdでモ-ターブローさせようとして走るならどうしますか?・・・・・・・

ってこんなに偉そうにコメしてるM様もモーターブローは得意ですwww
でも今はノーブラなのでノーメンテですwww

燃えたら運が悪かった!!
燃えないのは実力だ!!ww
と都合よくかんがえるごあ~~



僕もモーターは殆ど燃やしたことがありません。

ささっきーさんの場合は、ショットキーダイオードを付けていないのが燃える原因の一つになると思います。
ショットキーはパワーオフ時にモーターで発生する逆起電力をESCに流さないようにする効果が有るので、装着しないとESCとモーターの負担が増え、発熱も増加すると思います。
あと、1パックをバッテリーダウンするまで走行させるとオーバーヒートになると思います。
1パックの走行を5分 x 2回に分けるとかした方が良いかも知れません。

ちなみに僕がレーザーFSをブラシモーターでやっていたときはマッチモアの製品を使ってモーターのエンドベルに直接ファンをつけていました。これはかなり効果が有りました。

マイケルさん、コメントありがとうございます。

負荷が高くて燃えているなら、
ギア比を下げて負荷を減らせば燃えないのかな~?思ったワケです。

よく、燃える原因がアクセルワークだとも言われます。
オイラの運転の何が悪いのでしょう?

でも確かに速いドライバーはモーターを燃やしません。

次郎さんがレーザーで使用しているのは
ボクと同じキーエンスのエクストレイです。

でもいつも10Tぐらいのモーターでレースしていますが
燃えていません。本当に不思議です。



崎山さん、コメントありがとうございます。

そうだけど…今後の2WD復帰も見据えて
23Tは乗りこなせるようになっておきたいので、
原因を知りたいでス。



大山店長、コメントありがとうございます。

やっぱ、ショッキーですかね~。

余計な部品が増えると問題が発生した時に、
チェックする箇所が増えるので面倒臭くて付けていないんですよ~。

でも、周りを見てみるとショッキーを付けていないのって、
おそらくボクだけみたいなんですよね。

優勝おめでとう

モーター発熱は、悩みの種だね!
 この問題の解決として、バッテリーの出力と
モーター回転数に応じた通電能力の特性
把握で偶然に発熱が軽減できました。
 特性に応じた、ESCの設定でモーター発熱ロスを
少なくするのもトラブル防止に一考です。
 

ようすけ ぱぱさん、
コメントありがとうございます。

そうですよね~。
それぞれの物の特性をきちんと理解して
適材適所に使用しないとダメですよね~。


ESCのプログラム変更による
発熱の抑制は良い案ですね。

たしかフタバのアンプでは、走行データを参照して、
周波数を変更すると発熱が抑えられるって
書いてあったと思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク