おしえてラジコンの偉い人!


どうしてもわからない。

B6.1から新しくなるサスアーム。

これってどんな意味があるの?



ダンパー固定穴は一個しか空いてないから、

強度アップってこと?

それとも、

何度もダンパー付け外しすると

穴バカになるから、

ここだけ変えればサスアーム自体は

長く使えるってこと?

それとも、

アタッチメントを逆付けすれば、

リアダンバー仕様に出来るってこと?


正直、

どうでもいい理由しか浮かんでこない。

この変更点、必要だったのだろうか?



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

教えましょう

考えないこと。以上。

ツーリングカーから学べるはず。

多分

穴の位置を少しづつ変えられるので、レバー比?をロアサスアームのダンパー取り付け穴の強度を考えた穴の間隔でなく少しづつ変えられる利点だと思います。

No title

しひろさん、
ヒントだけかぁ… ムズいッス。WW

菅原さん、
あ、やっぱそうなっちゃいます?
あえてその方向性は外して考えてたんですけど。

無段階的に変更出来ることって
意味あるのかなぁ…って思っちゃいます。
穴が3つも開いてれば十分なんだけどな。

それが、しひろさん的に言う
『(お前は必要ない)考えるな!』かな?WW

シヒロ派
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク