レースの朝まで伸びるGBラジ男塾講座2

押忍! 私が塾長の江田島ささっきーである!www


さて、第2回目のテーマは…

例えばGBの裏ストレートのエンド、ブレーキング~ターン部分。
すごく良く走れてる時もあるのに、すごくダメな時もある。
なんでそんなにムラがあるのか?

単走なので無理する必要も無いし、
ブレーキングの限界を探っているワケでもなさそう、
車が悪いわけでもなさそう…
…と、人間を見てみると…アレ???

視線の移動が遅い気がする。
コーナーに向かって視線と車が一緒に入ってる感じ。

それダメェ~!!

…というわけで、今回のテーマは「視線」


実車でも言われるんだけど、とにかく先を見て走んないとダメ。
次のコーナー、次のコーナー、と先を見ないと。
偉そうなことを言ってるけど、私もほとんど出来てない。

その部分を解説します。

<1>重力に魂を引かれてる人(いわゆるオールドタイプ、地球人)
視野狭い。 次のコーナーまで視線に入ってない。
実は目に見えていない部分は、ほとんど経験と勘で走ってる。

<2>宇宙で生まれ育った人(いわゆるスペースノイド、コロニー人)
視野広い。 次のコーナーまで見えている人が多い。
仮に視野が狭くても持ち前の反射神経で対応出来る。
目に見えていない部分は経験と勘を使って走ってる。

<3>よりよく人と分かり合える人(いわゆるニュータイプ、人の革新)
視野広い。 先まで見通せている。
目に見えていない部分も経験と勘でさらに補っている。
それ以外の何かも感じちゃう?!共鳴現象?!w


<1>はもろに私ですね。
このタイプは緊急事態に対応しずらく、
咄嗟の事が避けれない傾向が強いです。
何しろ見えて無いから。
健全なちびっ子は私の様になってはダメです。

<2>は主に普通の人ですね。
ただ、視線の向かわせ方とかがまだ不慣れだったり、
熟練者よりも勘が働かないのは、まあ当然といえば当然。

<3>は説明はいらないでしょう。
まあ、すごいって事です。w
ファンネルだって飛ばせちゃいます。


まあね、今回も自分的に楽しく書いたので大満足だけど、
全然伝わってないと困るので最後にまとめます。w

要は車がストレートエンドにカッ飛んで入っていく時に、
車と一緒に視線がコーナーに入ったのでは遅いってことだからネ!

…と、いうわけで本日の結論。 『少年よ未来(さき)を見て走れ!』

ぢぁ、お休み!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

ぼぼ。。。僕は〈3〉かな~!

ぼぼ、、、

ぼくちゃんも、、、3、〈3〉なんだなぁ~

まー

概ね3だなー。

No title

エキスパートなみなさん!
回答ありがとうございます!!

ちょっと上手くなれば、
誰もが意識もせずに
やってることですよね!

でも当たり前すぎて、
中々、伝えなかったり、
伝わりずらかったりするので
ネタにしてみました。


黄レンジャーさん、
コメントありがとう!

この不定期連載ブログを
見て頂けてると思うと感動です。


あ…、カイパとマイケルもありがとね!www
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク