清太郎くんの質問にささっきーなりに真剣に答える!

昨日のGBで清太郎くんに聞かれました。
『レース中、ぶつけちゃったら止まって待たないとイケないの?』


これについては、この後、色々と俺の考えを述べるが、
押し付けるつもりは一切無い。

清太郎くん自身もスポーツマンシップとは何かについて
悩み、苦しみ、そして自分の答えを見つけてもらいたい。



では、ささっきー節を展開することにしよう…。



早速だが、俺の答えは 『No』 だ!

俺は昔サッカーをやっていたが、よく監督に怒られたことがある。
『自分で判断するな!』 と 『笛が鳴るまで止まるな!』 だ。

審判のいる協議においては、プレイヤー自身に
審議および裁定する権利が無い。
ほとんどの競技において「抗議」する権利はあるけどね。

展開(動き)の速い競技(分かり易くいうとサッカーとかバスケね)においては、
一瞬の静止がゲームのゆくえを決定付ける事も少なくない。
勿論、ラジコンはそんな中でも最速の部門のひとつと言える。

自身のゴール前で敵プレイヤーの腕にボールが当たっても、
審判が「ハンド」を宣告しなければ、プレイは続行されている。
いくらゲーム中に動きを止めて「ハンド」を主張したところで、
相手にボールを蹴り込まれたら1点を与えてしまう。

抗議があるのなら、
審判がゲームを止めた時に行えば良いのである!!



俺はバイクから競馬、ボート、F1、GT、子豚レース、etcと、
様々なレースを見てきたが、
他車に接触してスピンや転倒させてしまった選手が、
コースに復帰するまで待っている(先に行かす)なんて
状況を見たことが無い。

むしろ、全く逆の状況だ。
人が死んだって一度始まったレースを止めることは出来ない。
レースや車を止めることが出来るのは審判だけ。

レーサーはレーサーであり続ける限り、
ジャッジが止めるまで、ゴールラインを切るまでは
走り続けないとイケないのである。


俺が見た悲しい例をあげてみよう。

あるオンロードレース(2015年)をyoutubeで見た時の話。

レースは中盤まで1位と2位が接戦状態。
3~5m離れて3、4、5位のグループが
バトルしながら追う展開。

2位の選手が1位の選手に触れてしまい1位がスピン。
2位の人は悪いと思ったのか、その場で車を止めてしまった。
そこに2位グループが突っ込んで大クラッシュ!!

これって、絶対にやっちゃイケないと思う!!
レースは君ら二人だけでやっているんじゃない。
止め方が危険すぎる!!

ぶつけて悪いと思うんだったら、
コース脇に車を止めて10秒でも20秒でも
好きなだけ自己ペナルティSTOPしてろって思う。



そもそも…

ぶつけた相手が自分を待ってくれてる状況って
謝ったことになるの?

ぶつけた相手が自分を先行させてくれたら、
二人のバトルはイーブン状態からの再開って言えるの?

はぁ、はぁ…。


ごめん! 熱くなりすぎた…。


さて、クールダウンして大人な話題に切り替えよう。www

この様なルールブックにも載っていないやり方が
美徳とされている状況は少なからずある。

もし仮に清太郎くんが俺と同じ考え方にたどり着いたとしても、
俺の様に人から嫌われるような態度や意見をするべきじゃない。

マリーダさんが言ってました。
『正しさが人を幸せにするとは限らない。』と。
※ガンダムUC参照の事

必要の無い波風は立てる必要はないので、
郷に入れば郷に従えです。

止まってあげるのなら、
他の車に邪魔にならないように道脇に車を止めましょう!

止まらないのなら、
ささっきーさんって人にレース中は絶対に止まるなって
教えられたと言ってレース後に謝りましょう!

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

大賛成です!!
小さくってもラジコンは立派なモータースポーツなんですからね!
基本は一秒でも早くゴールする!
故意にアンフェアなプレーをしないかぎりはお互い様でいいんじゃないかと思いますよ(^^)
ただ故意じゃないにしてもゴールしたら謝罪する!謝罪を受け取る側も気持ち良くうけとる、、スポーツマンシップってそんなもんじゃないかと思います(^^)
清太郎には接触されてもかわせない自分も悪いし、、悔しかったら接触されないくらい早くなれ!
故意じゃないにしても接触したときはレースが終わったら反省して謝罪しなさいと
‥レース中に車を止める必要はない!
自分もそんな考えです(^^)

No title

清パさん、コメントありがとうございます。

もっと言うと…
当てた当てられたなんていうのは
どうでもいい事(お互い様)なので、
そんな事に動きを止めることよりも、
ゴールを目指そうぜ!!って感じです。

勿論、何の接触も無しにクリーンに走れれば、
それが最高なのは間違いありませんが…。


レース中に迷っている暇はありません。
繰り返しになりますが、一度動き出したレースを
運営以外の意思で止めることは出来ないのです。

止まる止まらないの判断は、
その場、その状況づつの判断でなく、
最初から決め打ちしておかないと、
中途半端な動きになってしまうと思います。

止まるのであれば、必ず、安全圏に車を退避させ、
続く後続車を安全にスルーさせてから再発進する
べきだと思います。
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク