G1 -Battle Stage- 構想

こんにちは、ささっきーです。

私が妄想するG1バトルステージ構想を発表します。

ある程度の人数のご賛同、
そしてGB実行委員会の承認を貰えたら
テスト開催したいと思ってます。

現時点ではあくまで私自身の妄想です。www

では、以下、プレゼンを開始します。



<開催名称について>

 イベント名は『G1 -Battle Stage-』としました。

 『G1』の名は既にGBサーキットでのドリフトイベント名として
 使用されていましたので重複を避けたのが理由の一つで、
 もう一つの理由は、頭文字を取ると『GB』になるので
 ロゴが良いかなと思いました。


<基本コンセプト>

 G1バトルステージでは既存のレース概念を一旦排除し、
 新たなるエンターテイメント性の追求をする。

 ドライバーはそのドライビングスキルをいかんなく発揮すると共に
 最高のエンターティナーとして、「客(見てる側)」を楽しませる。

 ※
 ラジコンの場合、基本的に見てる人=参加者だけど
 最終的には見てるだけの人も増えたら良いと思ってます。


<車両規定>

 ノールール(オープン規定)としたいと思っています。

 理由としては…
 車両規定をすると手持ちの車で参加出来ないとか、
 レース参加までに追加出費が出てしまう可能性があるからです。
 それでは参加者の間口を狭めてしまいます。

 それにいちいちレース中に車両をチェックするのも面倒です。

 この辺はレース規定やハンディキャップでカバーしたいと
 思ってますので良い案がありましたら意見ください。

 ただ、どんな人がどんな車両でも参加出来るという
 基本コンセプトだけは崩したくないと思ってます。


<レース規定>

・レースは1対1のタイマンバトルが基本となります。

 これは、複数台のレースでは見どころが分散してしまうのと、
 注目されないドライバーが発生してしまうからです。

 G1バトルステージではタイマンバトルを基本とすることで、
 参加する全てのドライバーをクローズアップし、
 フューチャーしていきます。誰にも寂しい思いはさせません。ww

 これは既存のドリフトイベントのいいとこ取りをしました。


・スタートはスタンディングスタート。
 (スタートが苦手な人にはローリングもあり。)

 レース時間は3分。ポンダー装備とする。
 ドライバーは「先行」と「後追」のどちらかに分かれる。
 スターティングラインの車両間隔は1.5mとする。

 車両間隔1.5mというのは、あくまで暫定数値です。
 距離についてはテストしてもっと詰めていきたいと思ってます。


・勝敗判定方法

先行車

 勝ち:レース中、後追い車に対して1.5秒のギャップを作った時。
 負け:レース中、後追い車にパスされた時。
 引分:タイムアップまでに後追車に勝てなかった時。

後追車

 勝ち:レース中、先行車をパスした時。
 負け:レース中、先行車に1.5秒のギャップを作られてしまった時。
 引分:タイムアップまでに先行車に負けなかった時。

 勝敗が決まった場合は、レースタイムが残っていてもその場で終了。
 つまり『秒殺』も十分にあり得ます!!

 引分の場合は前後を入替て2ヒート目に入る。
 勝敗が決するまでヒートは繰り返される。

※1 基本的にフェイクブレーキ、幅寄せ、サイドプッシュ、リアプッシュ、
   スーパーブロック、ドリフト走行、何でもあり。

※2 接触によってスピン、クラッシュ等の走行中断が発生した場合は、
   客の多数決で勝者を決める。


ご覧の通り、基本的にノールールです。
いわゆる既存のレースでは「汚い・ずるい」と言われる様な走行方法も
可能としていますが、特にそれを推奨しているわけではありません。

しかし最初にも述べましたが私が目指しているのは、
エンターテイメント性の追求です。

プロレス界にヒールがいる様に悪役を演じてみても良いわけです。

それにこんな戦略も可能です。
上記の様な既存の「汚い・ずるい」方法を取ってくる車が先行車ならば、
規定秒以内にさえいれば良いわけですから、1ヒート目は規定秒内に距離
をとってやり過ごす。前後を入替えた2ヒート目にちぎって勝つ…。
なんてことも可能です。

走行中断時の勝敗判定をジャッジではなく、
客(見てる側)にゆだねたのもエンターテイメント性の追求の一つです。
どんな走り方をしても構わないが、それはあくまで
「客(見てる側)」が喜ぶ走りでなくてはなりません。

もしも「客(見てる側)」が望まない走りをしているのであれば、
きっとそのドライバーは「客(見てる側)」の意志によって
排除されると思います。

つまりこのイベントには明確なジャッジは存在しなく、
その場に介在する人の意志(経済学でいうところの見えざる神の手)が
理想のドライバー像を浮かび上がらせると私は考えています。



…と、まあ、小難しいことばかり述べましたが、
何事もやってみなけりゃ分からない。

まずは一歩踏み出してみよう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

賛成

やりましょ!
昔のラジコンレースですね。

また、相談しましょ!
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク