B-MAX2は…

意外と普通で目立つポイントは無かったりする。W
過去の色んな車を参考にしていると思われる。


逆に細かい所々に、あぁ、この人オフロードを分かってる!っていう
スピリットというか設計思想を感じます。


↑まずはここ。

スリッパー調整のキャップがなくならないようにビスで止まってます。
こんなつまらない事でさえも、今まではどの車にもない機構でした。
みんな良くコース上に落としたり、付け忘れたりしますよね?

こんな気遣いは最高です。

更に良く見るとギアカバーを取付けるネジの位置に注目。
タイヤを履いたままでも容易にカバーが外せます!
ボールポイントのドライバーは必要ありません。

超、楽々です。



↑ギアカバーを別の角度から見てみると…

上側からのゴミの進入を防ぎ、下側からは抜けやすい構造になってます。

カバーにはある程度の厚みがあるので、ビスをギュッと締めても
カバーとプレートの間に隙間が出来ず、ゴミが入りずらいです。



最後は2WDオフローダーとしては定番となった大径スリッパースプリング。
やっぱ、この方が調整範囲が広いから楽だよね!


さて、キットとしての評価ですが、
実売22,000円の車としては良いのではないかと思います。

最新トレンドは全部入っていますし、
フロントアームも余程ヘタな落ち方をしない限り
GBサーキットでは折れそうもありません。

同梱されているネジの質は正直いまいちでしたが、
それはどこの車もこんなものだと思います。

あ、そうそう! ビックボアが Ver.2 になってます。
Cリング式は面倒なので、こっちの方が良いに決まってます!WWW


次回、走行編
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク