GB2017年ラウンド1

まず
B様へのご冥福をお祈りすると共に
この様な中、レースをさせて頂いた
コース関係者の皆様に感謝申し上げます。


さて、スト2

予選1は久しぶりのリタイヤww
開幕戦で気合いが入ってたのに
舞い上がっていたみたいで
充電されてない電池を繋いでました。

予選2は気持ちを切り替えてスタート
清太郎は速すぎるので、
一旦、意識から外して、
柴田さんの前後グリッド狙い!

何とか1台づつ丁寧にかわして、
決勝、2番グリッド獲得。
柴田さんの前!

決勝、
雨と暗さで清太郎は追えないし、
後ろはついてこないので、
あとはコケないだけの守りの走り…。

カッコイイところ、
ひとつも無し。ww

今年は一年を見据えて戦う!と
悔しさを噛み締めながら走った。

取敢えず、柴田さんの前で
ゴール出来てうれしい。

車と人間がキマッたら、
またいつか清太郎を落とそうと
誓うのだった…。

結果:2位ゴール。



スト4

マーク・菅ナート、マジ速かった!!w
ボクが想定していたレーススピードを
遥かに越えてた。

ささっきー的キルゾーン、
いや、デスゾーンに、
踏み入ってたと思います。

しかし、
そこに勝負を掛けた菅原さん、
ホントに凄いと思います。

勝ちにいく自信と、
リスクを恐れない勇気が無いと
あの走りは絶対に出来ないと思う。

レース後のコメントでは、
まだ、ペース上げられたかも?と。

(((°Д°;))) 恐ろしい…。




トラック

決勝グリッドは、門田、佐々木、柴田。
予選中ラップの速かったミフさんを
警戒モードでスタート!!

~回想:出走前~

なんかみんな、
めっちゃオモリを積んでる!ww

手に持ったら明らかに分かるぐらい、
車体が重い!!

ずりーゼッ! オレもゴッソリ積む!
…と叫んだところ、

トラックボディも積んでいない様な
ニセトラッカーはダメだ!ww
と怒られ、あえなく断念。

そのまま決勝に。

~回想 終~


決勝スタート!!

柴田さんをラインブロックしながら、
門田さんを逃がさないように慎重に走る。

が!

コース左側の富士山前でズリッと
ケツを滑らせたところに後続が接触!

そのまま三角ポールに万歳三唱!!

やってもーたー!!。゚ヽ(゚´Д`)ノ゚。


どうも、ビリです。 ビリです。 ビリです…。


気持ちを切り替えて走ります。

ヒカルのアナウンスは滅茶苦茶です。w
(楽しいから、全然OKです。)

『ミフ、トップ!』という放送連呼と
『違うよ!違うよ!』という本人の
否定の声がひたすら聞こえます。
面白すぎます。ww

そんな中でも門田さんの声が
一切聞こえなかったのは、
必殺無言(ガチ)モードだったからでしょう。w


暗いのも合わせて自分が何番手を
走ってるのか分かりません。

自分は誰を抜けば良いのか分からず、
また、抜くべき相手が全く視界に入らず
自分だけ異世界に来てしまった感覚です。w

こうなったら、
必殺の口撃!しかありません。

手数が出なかったら口数です。

…が、すげー一生懸命喋ってるのに
誰も答えません。ww

時々、満さんの声でトップ集団は
半周先と聞こえた気がしました。

ラストラップ、
コケたミフさんを抜いた!!

…待てよ…。

決勝でミフさんを
一度もヌイていなかったから、
もしかしたら3位くらいか?!

…なんて甘かった。

小山さん、初参加で見事3位表彰!

自分は4位だったみたいです。

(*`・ω・)ゞ


石毛さんに2つ前をいかれたのは
悔しいけど2位4位のポイント差は
小さいからまだまだ互角だぜ。

逆をいうと、柴田さん、ミフさんとの
差も無いって事だけど。

早くMYタイヤを手に入れて
本気参戦しようと思いました。

石毛さんは速いから、
パンサーリア固定で
お願いします。ww



モデ2、モデ4

いつも通りユイ清太郎が速かった。
滑る路面でうまくコントロールしてる。

石毛さんもちゃんと自分のポジションを
守って流石だなと思った。

ヒカルは今シーズンは
石毛さんを越えなくてはダメ。
ファイトだぞ!




次回はその他感想と
新シーズンへの決意!
スポンサーサイト

ヤバイ! 首が痛い!

最初、背中に激痛が走った時、
背中のすじをやっちゃったかと
思っていたけど…

どうやら、
首から痛みが来てたみたい。

(´д`|||)(´д`|||)(´д`|||)


一日たって
背中の痛みは消えたけど、
激しく首が痛い。ww

これ、病院にいかないと
ダメなやつかも…。

( ̄∇ ̄*)ゞ

B6は正解だったなと思う。




特に理由はありません。
でも何となく相性が良い感じ。

だから速いか?と言われれば、
それは別の話。

あ、でも、
今回の標準ボディはダサすぎ。w

…かといって、
良いボディも出ていないので、
以前から欲しかったRB66の
ボディを載せました。

かなりテンションが上がった。


メール投稿テストメール

携帯会社を変えたので
ブログ更新テストだす。

(★≧ω≦)/

もう少し、あと少し!!

今回はカイトくんの話。

2WDは予選結果的に
一番難しいポジション
だったと思う。

やはり有利に戦うには
予選での好位置が重要。

レース中はちょっと
引っかけとかがありましたね。



まあでも…
気持ちを切り替えての4WD。
こちらは日本一の尻尾まで見えてる!
期待大です!!!

勝負は直人くんとの一騎討ち。
やはり日本一になる為には、
倒さないといけない相手!


しかし直人くんが前に出ると抜けない。

ささっきーさん的には
二人の速さは互角だったとみてます。

カイトくんがMAXで走ってる時は
きっと直人くんも抜けなかったと思う。

ただ、ちょっと引っかけたり、
Aー2ではロングジャンプでの
ミスが痛かったです。

ロングジャンプは、
2回目のミスの時も
1回目と同じアプローチに見えたのが
ちょっと悔やまれます。

もし路面が土だったとしたら、
一回目のミスの後はラインを僅かに
ずらしてみたり、アプローチを変えて
みたりしてたんじゃないかなぁと思います。

偉そうなことを言ってすいません。
勿論、ささっきーさんがカイトくんより
速く走れるハズがありません。ww

ロングジャンプであんなに
ひねれてる車を空中ステアで
元に戻すカイトくんは神です!!


日本一は取られちゃったけど、
Aー3では約束のトップゴール!

最後の最後は
GBメンみんなで盛り上がりました!!


2位表彰おめでとう! カイトくん!!
( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆!

そして、ありがとう!
そして、かいぱさん、お疲れw
そして、GB応援団もお疲れww

来年はレース前からかいぱさん名義で
パーティー会場の予約を入れちゃって、
もう勝つしかない状況で戦うってのは
どうだろうか?ww

もう少し、あと少し!!

海保なな は生きたまま伝説になった。

EPオフロードRC全日本選手権2017
を見てきました!

ささっきーさん的には
清太郎くんを一番誉めてあげたいけど…
大丈夫、清ちゃん、ちょっと待ってて。ww


まずは、やっぱりナナちゃん。

EPオフロードRC全日本の
女性ファイナリストは
歴史上初じゃないかな?

もう消えることの無い記録。

俺らが死んでもEPオフロードRCが
無くならない限りナナちゃんの名前は
残っていく…。

かっけーぜ!! ナナちゃん!!!

ささっきーさんなんて、
2週間くらいGBに行かなかったら、
すぐに死亡説が流れ出すのに。ww



本当に君たちはスゴい!

そんな君達の超進化の過程のそばで
一緒にレース出来るなんて
おじさんは光栄です。

ナナちゃん、またGBに来てね!

捨て猫探してます!

*当ブログはあくまでラジコンブログです。ww
『捨て猫』の意味が分からないガチな
動物愛護な方はご遠慮ください。ww

原産国:UK
品種:シューマッカー
特徴:尻(けつ)

子持ち(オプション、予備パーツ付)歓迎。
最後まで責任をもって育てます。ww

どこかで泣いてる子猫ちゃんを見付けたら
ささっきーまで連絡を。

p.s. 大塚さん
全日本終了後、アリーナ周辺を探しましたが
捨て猫の入った段ボールはありませんでした。w
きっと、良い人に拾われたか、
飼い主様が考え直したと思います。ww

予想よりも早く!!

レーザーが出た!!

11月下旬と踏んでいましたが、
まさか、このタイミングとは…。

全日本を zx-6.6 で走っちゃう強者も
きっといることでしょう!!

大体、レースで勝った会社が
そこを切り口に車を売り出す
パターンが多いのですが
全日本よりも先に出す
京商の姿勢に何かを感じます。

まあ、完全な新車じゃないし…ってのも
あったとは思いますが。

ミフさんの冬ボは決まったねI


2、4、トラックの
完全XRAY体制なんてどうだろう? (・_・?)

消防署は…


武田氏。 なぜ?

(; ̄Д ̄)?
カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク