6/26 GBラウンド モデ2

〈共通プロローグ〉

同文


〈プロローグ2〉

Xデイ直前、それはやって来た…。
東京堂に発注した新型リアハブセット。

まだテストもしていないパーツだか、
実践投入する。

念の為、すぐに戻せるように、
ユニット単位でパーツボックスに
保管した。


〈朝フリー〉

早速テスト走行。
新セットでいくか?戻すか?の
判断をする重要な場面。

最初の印象としては…
?曲げずらくなった。
?4連が2+2で飛べなくなった。
?メリットが分からない。

そもそも、
サスアーム延長が何を意図しているのか、
それ自体をボクは分かっていない。

今思うと
ここで元に戻すべきだったと思うが、
面倒臭さもあり、このままセットを
進めることにした。

Fタイヤはレース用に育てた8割スタッガー。
足回りの変更で曲げる方法が分からないので
とりあえずタイヤで調整することにする。

が! 新品タイヤの在庫が無い!

ここは仕方なく
新品カットスタッガーを投入!

カットスタッガーなんて、
ここ一年使ったことの無い未知のタイヤ。

人工芝になってすぐに、あまりに反応が
強すぎて絶対に使わないと誓ったもの。

これは無謀だと思ったが、
これでダメなら戻そうと思った。

変更後の印象
?なんとか曲がる。刺々しさはない。
?4連が2+2で飛べない。
?少し転がり感が良い気がする。リアハブ効果?

少しまともになったので、
オプション投入前のセットに近いように
合わせていったが、やはり4連は飛べなかった。

4連は2+1+1で行くと決めた。


〈予選1〉

14周5分xx秒で暫定1位。
あまり覚えてないけど最初は
15周に入っていなかったと思う。

清太郎とユイの
コケかたの質を見て、
今日はイケると判断。


〈昼休み〉

4連が飛べないのは悔しいので、
ダンパーメンテ。ww
(カイパブログにて盗撮されたシーン)

ダンパーメンテしても
結果的には飛べなかった。ww


〈予選2〉

トップスタートからタイムを伸ばす。
15周5分7秒で暫定1位。

ブラックマーク上での滑りを感じた。
何かおかしい!

ここで想定外?発生!
予選2終了時、
お実行から予選3回のコール。
時間が押してナイトレースに
なる可能性が高くなってきた。ヤバイ!


〈予選3〉

タイヤの損耗を押さえたかったので
パスしようと思ったが、
前回の様にパスして決勝でボロ負けだと
超恥ずかしいので一応走っておくことにした。

路面グリップの低下に合わせて、
Fタイヤを新品カットスタッガーから
8割スタッガーに変更。

トップスタートからタイムを更に伸ばす。
15周5分3秒で暫定1位。

結果的にタイヤ変更がハマった。

自分史上初、予選完全シャットアウト。
あーんど、全ラウンドタイム更新となった!!


〈決勝〉

少し気温が落ちてきた。
人工芝についた手のひらに湿気を感じる。

危険を察知し、Fタイヤを8割タイヤから、
捨てる寸前の3割タイヤに変更した。
最後の勝負に出る!

ここで想定外?発生。
ヒカル車両のトラブルにより、
決勝スタートが遅れる。

この間に路面を覆う湿度は更に濃くなった。

この間にFタイヤを変えようとする人はいない。
チャンスだ、大丈夫、やれる!!

となりに座る清太郎が何か話しかけているが、
集中していて耳に入ってこない。

少し離れたところに
仰向けで目をつむり、
集中しているユイが見えた。

やるぜ!決勝!!

ヒカルの修理が終わり、
決勝レース準備のコールが響く。

……

3、2、1、スタート!!

富士山を下り、左のターンでリアが滑った!!
路面状況は予測を遥かに越えて滑る!

咄嗟の対応でカウンターを大きく当ててしまい、
今度は逆スピンで右コーナーの
パイプ内側(中洲)に入ってしまう!!

しかも他車もゴチャゴチャの
ハンバーガー状態。

そんな中、清太郎が一番に
抜け出したのが見えた!

ボクが抜け出したのが多分3番手。
すぐに2位をパスして清太郎追撃モードへ。

しかし、リアが滑って思うように走れない。
清太郎は半周近くリード。

ほとんど視界に入らないが、
時折180°ターンの部分でスライドするリアを
コントロールしている清太郎が見える。
野外ダートでの練習の成果が見てとれる。

途中、僅かずつ距離を詰めるが、
結局届かず。

このリードを守りきった
清太郎がトップゴール!!

自分は2位となった。


〈感想〉

今回は低い実力なりに
出しきったと思う。
くやしさは無い!
楽しかった!!

最後のあのフロントタイヤの選択は
攻めた結果であり、決定的だったと思う。

もし、8割タイヤで走っていたら、
ボクの実力では車をコントロール出来なく、
表彰台にも立てなかった。

スタートミスは痛かったが、
やれる範囲の中で最大限の結果を残せた。

思い出に残るレースがまたひとつ増えた…。


〈エピローグ〉

レースは終わった。

誰もいないサーキットに
それぞれの想いが
今も周回し続けている。

終わりの無い
無限の周回(ループ)を
僕らは繰り返す。

この想いは、どこまで
加速していくのだろう?

ただひたすらに、
前へ、前へ…。

〈おわり〉

最後まで読んでくれた方、
ありがとうございました!
スポンサーサイト

B6のページで…

組立マニュアルがダウンロード出来るようになりました。

マニュアル大好きささっきーはヨダレを垂らして見てます。

…そんなに目新しいところがなくつまらない。www


リアダンパーステーですが、
あの手順で本当に付けられるのか疑問。

付けられたとしても面倒臭いのでは?

6/26 GBラウンド スト2

〈共通プロローグ〉

週末の天気予報は晴れ。

気温25度以上、
路面温度28度以上が
今回の想定環境。

路面グリップさえあれば、
清太郎&ユイと互角に戦える…はず!!

強い清太郎よりも、
速いユイよりも、
何よりも小雨と気温低下だけが怖かった。
これだけは神に祈るしかなかった…。


〈予選〉

予報通りの気温28度、
イケル!と判断。
テンションが上がる。

予選1~3まで特に無し。
ノンオイリーB子は良く走った。

崎山さんとのバトルを
楽しみたいところだったが、
お互いに色々引っ掛かって
直接のバトルは決勝までお預け。

全ラウンドで1位を譲らず
ポールスタートを決めた!


〈決勝〉

ポールからのスタートで
特に問題なく周回していく。

2位以下を離していくが…
途中、ダイゴくんにぶつかってしまい、
ボディが外れる!!

ヤバイ!!
ここは一瞬の判断に悩んだ!

ボディ無しで走っちゃうか?
止まってボディを付けてもらうか?

でも、車外にポンダーが
飛び出しているのが見えたし、
ボディ無しで走るなんて、
キッズのラジコン教育に良くない!

ここは痛恨の停車を選択!!

横をスリ抜けて
2位崎山さんが逃げていく!!


マーシャル(ヒカルパパ?)に
ボディを付けてもらい追撃モードに。

しかし崎山さんは約1周近くリード。

ラップはこちらが上そうだが、
全く視界に入らない。
プッシュし続けるしかない!

………

そして中盤、視界で捉えられないが、
どうも崎山さんがスタックしている模様!

ここで半周差まで押し戻して、
終盤のガチバトルへ。

1周辺り、わずかづつ詰めていくが、
残り時間がない!

4連ウオッシュボードで
真後ろまでついた瞬間、
大時計はストップ。

勝負はファイナルラップへ…

コース攻略はブログで書いた通り!
2連テーブルの終わりが
パッシングポイントだ!


ここで決める!!
うおおおおおっー!!


ジャンプ!!

手前に車を落とし、
イン沿いにターン!!

少しアウトに跳んだ崎山さんが
ぐっと迫るが車両半分こちらが前。

…すり抜けるB子。

心の声『オレ、カッコイイ!』ww


あとは攻略通り左セクションを
無難にこなしてトップゴール。


ぬうはははははっ! ははは!

勝ったどー!!( ̄∇ ̄*)ゞ


〈感想〉

今回は徹底して自分を貫いた。
コース攻略に穴はない。

自分の理論で組み立て、
自分の運転で実証してみせた。

順位なんてどうでもいい。
やりきった感動があった。

野口くんが言っていた。
『レースの時だけ速く走れる訳がない。』
『レースは練習通りに走るだけ。』

今回は練習通りに走れたと思う。
付き合ってくれた皆みんな、
本当にありがとう!

ダイゴくん!
レース中、ぶつかってゴメンね!!
m(__)mm(__)mm(__)m


〈エピローグ〉

沈む夕日がまぶしくB子を照らす…。

コースに吹く夏の湿った風が
暑いレースの終わりを告げていた。

ボクはただ、空を見上げ、
見えない何かに手を伸ばすと
そこにはサーキットの女神が
いたような気がした。

暑い夏の日だった…。

〈おわり〉

6/26 GBラウンドに行ってきました。

こんにちは!
GBの赤い戦術予報士こと、
スメラギ・李・ささっきーです。


今回は
レース前のフラグ立てから
レース日の条件分岐まで…
シナリオが完全に出来上がっていたので
必勝体制でした。


2つの想定外がありましたが、
最終的に作戦遂行率98%と
いったところです。

大、大、大満足のレースでした!!

スト2
予選1 1位
予選2 1位
予選3 1位
決勝 1位

モデ2
予選11位
予選21位
予選31位
決勝 2位

前回のレース時、
ユイくんママに次にTQを獲れるのは
何十年後か分からないと話していたので、
こんなに早くその時が
来るなんてビックリです!!

ママさん!
ボディにサインしてくれるって話、
忘れてませんよ!!ww


まずは速報でした!!

懐かしい!


ヨドバシで見付けた再版モノ。
当時、初版を買ったなぁ~。

ハンドル、アクセル、ブレーキで
ロボットを動かすジロンは熱かった。ww

もしも~ 友と呼べるなら~♪

ひょっとして…

最近、よしきを見ないと思ったら…

もしかして今週末、全日本?!

うみぼうずさんのレポート見ました。


もうこれは試さずにはいられない!

アルミハブは前から欲しかったし、
ドックポーンも減って来たので、
タイミング的にベスト。



ただアッパーアームの取付位置って
そんなに細かく必要なのかは疑問だね。ww

ハブ自体が重くなりそうな感じは、
個人的には良いイメージです。

実写ではバネ下荷重が軽い方が…って
話になるけど、RCスケールでは、
パワーに対する重量が軽すぎる傾向が
あると思うんだよな…。

…と、まあ、頭悪いのに理論的に
考えるのは止めよう。ww(´Д`)

良いか悪いか、
その判断(感じ方)だけで十分。

ボクも付けたらレポートしますね!



あ、そうそう! カイパさん!!
サスアームとの組み合わせが
よく分からないんだけど、
今の谷田部のトレンド設定おすえて。

m(__)mm(__)mm(__)m

比較検証

最近、
車がすごく良く走ってるので、
どれだけスゴイ仕上がりに
なっているのだろう?と思い、
タクミ君と車をチェンジ!!

…ところが…

ほとんど同じ車。ww
基本性能から味付けまでそっくり。
いや、同じ車と言って良いと思う。
(タクミ車の方がちょっとステア反応が
シビアな位の差でした。)

車でアドバンテージ持ってると
思ってたので少しショック!!

いや、待てよ…。
もっとポジティブに考えなきゃダメだ!!

車が同じなら、
仕上がってるのは人間!?

そういうことにしておこう…。ww




やるぜ!! 次戦、GBラウンド!!

キッズが行った再生をオレが破壊する!
オレが、オレ達が○○○○だ!

願いはひとつ!

外気温25℃、路面温度28℃、
太陽あり、希望!

太陽がキーポイントだな。



先日のロッシが勝ったレース、
dryとwetのミックスだったと書いてある。
レイダウンからスタンドアップ型に
載せ変えたとも…。

やっぱ、
レイダウンはハイグリップ特化型で
ローグリップは難しいって事だな。

恐ろしい。((((;゜Д゜)))


ワークスみたいにレース中に
載せ変えなんて出来ないから、
野外では2台持ちか、
ダート型が流行るのかな?

恐ろしい。((((;゜Д゜)))


願いはただひとつ、晴れろ!!

回答


野口くんの質問
『上級者向けのコース攻略を教えて欲しい。』

ささっきーの回答
『そんなものは無い。』

何故なら、
ささっきーさんは
上級者じゃないから。ww



…でも、ホント、
あそこに書いたのが全てです。

左のターンで
アンダーを出しちゃいけないのは
富沢さんに…

テーブルトップジャンプの最後で、
飛びすぎちゃいけないのは、
柴田さんに…

テーブルトップ折り返し後の、
高速スラロームは清太郎くんに…

全部、この前の走行で見せてます。
理論も実演も丸裸です。



野口くんの場合は、
コース攻略するよりも新車購入かな。
RRストックはもう飽きたベ?

銚子の平和維持を1回休んで新車だな。ww

結構、オレ的な衝撃!!!

BRCARd32WD.jpg

3位はYZ-2のリー・マーティン

2位はB6のニール・クラッグ

優勝は… ロッシ!!!


ヨコモもアソシもガチメンバーなのに
誰だこのオッチャンは!?

スタンハンセンか!?WWW


今、オレが最強だと思ってるYZ-2の上にアソシ。
そのアソシの上にロッシとは…。

ヤバイ!! ロッシをドライヴしてみたい…。

昨日のケロ子


雨の影響で夜にはケロ子が大発生!

日曜日はお騒がせしました!


もっと速く!その向こう側へII

さて、だいぶ間があきましたが、
YZー2と3ギアについて後編です。


このネタを引っ張るのは、
3ギアって一体何が違うの?って
思ってる人が沢山いるのでは?と
思うところからです。

上級者が言うことは、正直、
よく分からないってことが
多いです。

勿論、ボクもよく分かりません。

一生懸命説明してくれるほど、
それを理解出来ない自分がいて
心の中で申し訳なく
思ってしまいますよね?


だからボクは
ボクの言葉と感想で
伝えたいなぁと思ってます。


さて、行きます!


3ギアの何が良いのか?

ボク的に感じるところは、
『初動の瞬間の落ち着き』です。
特にジャンプの着地~動き出しの瞬間に
それを感じます。


理論的には…
3ギアはモーターの反トルクを
シャーシ中心方向に向かって
使っているということだと思う。
(4ギアはリア方向に向かって…)

つまり、
十分なリアグリップを
得られる様な状況下であれば、
モーターの反トルクを利用した
リアグリップの確保よりも、
シャーシを(4輪を)地面に
押し付ける方に力を使おう!
…ってのがコンセプトだと思います。

あとは、駆動ロスの低減だと思うけど、
転がり抵抗とかは正直あまり差を感じません。

4ギアもすごく良く走ります。

もっと広いコースで、パーシャルや
アクセルをオフって転がす区間が多くないと
3ギアの軽さを感じられないような気がします。



ジャンプの着地の瞬間!
それは走行上、最も不安定な瞬間です。

レースにおいては、いかに速く着地し、
いかに速く次に向かうかが重要。

3ギアでは、
この着地の瞬間の収まりが
異常なくらい速い!!と感じます。

しかも、
着地と同時に次に向かって動き出せる!!
フロントタイヤの接地感というか、
コントロール感はバツグンです。

重要な事なので二度言いますが、
この瞬間がホントに異常なくらい速い!!

例えばホントに僅かな時間。
リヤタイヤの1回転ぐらいかもしれないけど…
0.1秒にも満たない時間かもしれないけど…
速く動き出せる!! これスゴイ!


ぶっちゃけ、
3ギアはGBのコースに
鬼ハマりのアイテムです。ww

狭いコースでSTOP&GO、
JUMPがあるGBでは、
車を落ち着かせるだけでも一苦労。

そこを助けてくれるのは、
3ギアですよ~。


さて、最後に話をひっくり返しますが、
この感想が3ギアが原因でなく、
単にスリッパーやダンパーが
奇跡の様なセットで極っているだけ
だったらゴメンナサイ!ww

でも、これを読んだら3ギアを
試さずにはいられないでしょ?ww

さあ、いますぐ東京堂に発注を!!ww

そして3ギアの感想を
是非ボクにも教えてください!

ささっきーさんはGBで待ってます!

2016年6月12日 GBサーキット

今日のGBは大盛況でした!

門田さんちのリョウスケくんが久しぶりに登場!!

太陽くんも少し顔を出して、第1期GBキッズ同窓会風。

二人ともデカい!!!

うちもトワを連れてくれば良かった…。



でもね… でもね… なんか嬉しい!!

シャケの稚魚が川を下って海に出て、大きくなって、

またここに帰ってきてくれた様な感動!!



やっぱ、

10年もラジコンをしていると歴史を感じます!!

そういう自分もGBサーキットの歴史の一部に

なってるのかな?と考え深いです。



今のOBキッズも高校、大学、就職と進んで、

自分の時間や自分のお金が使える様になったら、

趣味の一つとしてラジコンって選択肢があっても

いいよね。



ささっきーさんみたいに、

大人になってから始める(再開する)ラジコンだって

間違いじゃないんだから…。



もしくは、更にその子供が出来て、

その子供達と一緒にラジコンするとか。



そうやって未来にまで繋がっていけるといいですね。


p.s.

久し振りにプロポを握ったリョウスケ。

ささっきーさん的に100点あげます!

今日はとわの運動会!


笑撃の事実!

『とわ』と『よしき』は

同中(おなちゅう)だった!



オレとよしきがラジ友で、

とわがオレの子供で、

よしきがとわの先輩という、

なんとも不思議な関係。


いいんじゃない?!ww

今日のケロ子


いい天気ケロ!

ジービーΔ(デルタ)

こんにちは!

目下、絶賛ダブル不倫中の
GBのRCマニアこと、
ファンキー佐々木です。ww


みなさん!
お元気ラジコンしてますか?!w

私の方はいまだにB子とY子、
どちらが良いのか決められません!!

ミンメイと未沙、
イサムとガルド、
シェリルとランカ
…ぐらい決められません。ww

そろそろこの三角関係に
終止符を打たなくては!

…と言うわけで、
とりあえずY子だな…。
(あっさりと)ww

自分のB子で自分のY子に
勝てる自信無いし。ww


夏ボはY子に投資して、
冬までアソシは様子見だな。


いや、待てよ…

待てよ!

冬ってことは… 全日本の後、

全日本の後ってことは!


…って、ことは…

カイトゥ~・コデ~ラ~の
2016全日本優勝記念モデル
があるじゃないか!!

これは買わなくては!!

ますますアソシが遠のくな。(。>д<)


冗談はさておき、今年はイケルね!
見える!見えるぞ!! 私にも見える!!
(シァア風に)


みんなでサイダーかけしよう!!!
それかダンパーオイルかけ。ww

今日のケロ子


久しぶりに登場!

背中のイボイボが鬼リアルww

お食事中の方は注意!

テストは続くよ、どこまでもB

〈フロントウイング〉

今頃?!感がありますが、
フロントウイングをテストしました。

結論としては…
やっぱり、ボクには
リアウイング以外のエアロパーツ
(ボディ含む)は良く分かりません。

多分、
風を切るほどの速いコーナリングが
出来ていないからだと思います。

もっと広いコースじゃないと、
メリットを活かせないのでは?
…と、感じ取れない自分への
イイワケを書いておきます。www



〈BDコートシャフト〉

前回のレースから導入してます。
ブラックダイヤモンドコートシャフト!!

もしこれがアソシ製だったら、
フロント2本で4~5千円もする部品。
超VIPなパーツです!!

これをレースの時、
満さんに自慢げに見せたら…

『あっ!それ、もう皆テスト済で、
既に外してますよ!』(あっさり)


えっ?!(|| ゜Д゜)


えっ?!えっ?!(|| ゜Д゜)


えっーーーーー?!(|| ゜Д゜)


しょぼん。 (´д`|||)


それを聞いて辺りを見回すと…
確かに誰も付けてない。(。>д<)ww

ユイくん車なんて、
アルミパーツがほとんど無くなって、
メチャ、ノーマルに近くなってるし!

ボクもどっかで
アルミ武装しようと思ってたのにな…。


結論!
流行を後追いするなら、
周囲の状況をよく把握しよう!ww

今日のスズメちやん!



カワユス (。>д<)(。>д<)(。>д<)

今のGBレイアウトイイよね!

DSC_0053_compressed.jpg

今のGBレイアウトは結構好きです。
難易度は高いけど車やドライバーの性能が色々見れるので…。

まずは… 奥ストレート。
ここは車の加速力とトップスピードが分かります。

DSC_0054_compressed.jpg

そして『富士山』。www
ここに向かってのブレーキングはドライバーの腕と度胸、
自分の車への理解度が分かります。

富士山からの連続S字は、どのくらい車が曲がっているか?
どのくらいの速度で曲がっているか?
車のセットが分かる。

DSC_0055_compressed.jpg

そして、操縦台下の4連ウオッシュボード。
ここはドライバーと車の総合力です。

奥のターンを折り返してインフィールドへ…


DSC_0053_compressed.jpg

意外と難しい、テーブルトップセクション。

ここはオフロード特有のジャンプテクニックがまる分かり。

再度ターンして…

DSC_0056_compressed.jpg

高速の左右スラロームを抜け、ジャンプを越えると
再び奥ストレートへ…。


見どころ満載です。



ここから更に
GBキッズ向けにコース攻略しちゃうぞ!ww
YZ-2を持ってる恭吾くん、ヒカルくん、
タクミくん、ダイゴくん、必見だす。

ユイ&清太郎には勝てないかもしれないけど、
ささっきーさんぐらいになら、すぐに成れちゃう
簡単攻略だ。

では行ってみよう!


まずは前回のレースの思い出しと、
全般的な内容から…。

4連ウイッシュボード、みんなコケてたよね?
あそこで勝負をするのは…間違い。w

あそこは2、1、1で十分。(ユイ&清太郎は別ね。)

何故ならYZ-2は他のところで十分に速いから!!
まずはそこに気が付かないとイケない。

コース攻略はテストと同じ。
難しい問題を時間をかけて解く必要はない。
難しいジャンプを難しく跳ぶ必要はない。
ただし、簡単に取れるところで取りこぼしてはイケない。

難しいところで頑張るのは、
取れるところを全て取った後の話だ!


こんな風に考えると、勉強も
ちょっとラジコンみたいで楽しいよね?

キッズは勉強の方も頑張るのぢゃ!!www




さて、この理論に基づいてコースをイメージランしましょう!

奥ストレート、とりあえず全開で元気よくいこう!

ブレーキングはあらかじめ開始場所を決めておいて、
タイヤの減り(止まり)具合でうまく調整。

富士山を下ると連続S字。
ここはYZ-2の最も得意な部分。
テストで言えば漢字の読み書きの部分です。

ここでアンダーを出してたり、曲がり足りなかったら絶対にダメ。
最悪、コーナリング速度が遅くても
キッチリ走っていれば抜けないところなので、丁寧に走ること!

アンダーを出したらキルゾーンに飛び込まれるぞ!

そして問題のウォッシュボード。
テストでいえば難度の高い文章問題です。
ここは無難に2、1、1でクリアします。

コース奥まで行って、いよいよインフィールドへ…。

リズミカルに山を越え、テーブルトップへ。

実はここが難易度が高い。
1個目のテーブルの飛び出しで乱れやすいので丁寧に。

2個目のテーブルジャンプは重要。
ここは安全に抜けるパッシングポイントです。

大体ミスが多い人はここでアウト側に跳んで行ってくれます。
ここで車体1台分でも内側に落とせたら、もう勝ち。

奥ストレートの入り口までは絶対に抜けません。

ここで抜かれる人の行動パターンとして
カッとなり、取り戻そうとして…
次のスラロームでパイプを引っ掛けたり、
裏ストレート入り口のジャンプで派手に跳んできます。

跳んで来たら、ボディ上面で受けるか、
着地地点をかすめる様に走れば、
相手が転んでくれます。

あとは同じ繰り返し。


何かうまくいかない事(セクション)があったら、
必ず、その一手前から考えてみよう!

何事も大切なのは準備段階ですゾ。

テストが テストが ススムくん♪

今日はガルアームのテストが目的。

ガルアームをテストしたい理由は、
B6がガルアームを採用しているから。

きっとそれには意味があるハズ…。

…ってなワケで早速サスアームを交換です。

DSC_0050_20160605231550e5d.jpg

うっ!!! ( ゚Д゚)

外したサスアームを見ると、
サスが断裂しているのが分かります。(人さし指部分)

DSC_0051_20160605234439898.jpg

もう一本のサスアームも全く同じ位置が断裂してる!
(中指部分)

でもね…、この状態で車はすごく良く走ってる…。
フロントアームの剛性を下げるのが今のセットに合ってるのか?!ww



DSC_0052.jpg

更にショッキングなこの画像!

このネジれ!! 分かりますか? ヒドイ!!

これ、本当はストレートアームですよ!
既にガルアームの様になってます。www

これじゃあダメですね。

何がダメって、こんな状態の車で走ってる
事自体が精神衛生的にダメです。

気持ち悪いです。



…で、ガルアームの感想ですが…

残念ながらボクのスタイルに合いませんでした。

曲がりの初期反応が鈍いです。
もっと、パッキーンと曲がる方が好き。

ささっきーの基本はクルっと回ってドッカーン!です。

次のレースもストレートアームで行きます!!
あ!でも、ダンパーステーはガル用です。

…戻すのが面倒臭いので。ww

アソシのHPにB5が無い!

アソシは完全にB5を
黒歴史にしようとしてる!ww

B4.2 はいまだに載ってるのに。(。>д<)

なんかなぁ…。

真サイン


向きが違ったみたいです。
こちらが正解。

サイン


カレンダー
05 | 2016/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク