ひかる! メモだ!!www

DSC_0925.jpg
この区間、現在のGBレイアウトでは一番重要な部分とボクは考えている。
ジャンプセクションに向かうこの部分で、いかに正確に速く立ち上がるかが重要だ。


最初のコーナーでは巻込みに注意!
ここでインコーナーに刺さったら、死亡確定。

ボクの場合はバンクからの下りを利用して侵入する。
理由は二つ。

理由1
下り斜面を利用してコーナリングすると、遠心力の関係で自然とアンダーになる。
アンダーになる。イコール、インコーナーに刺さらない。

理由2
実はあの部分、路面が固い。www
砂が乗るとグリップが薄く、コーナー角もきつい為、
スピンモードに入りやすい。イコール、インコーナーに刺さってしまう。
他にも平面からのアプローチでは、グリップが薄い為、
極端に減速する必要があり、その旋回中に後続車に押されてしまう
可能性があるので、よほどのフリー状態で無い限り、
平面からのアプローチはしない。


①のあと、小山が二つある。
…が、二つともキレイにいなして走る。

小山で飛んでしまうとタイヤが路面に設置する時間が短く、
機体を制御する時間が短くなってしまう。
ここはジャンプセクションに向けての姿勢作りが重要。


姿勢が決まれば、ラインを決めて一気に加速!!
ここでぶれてはイケないゾ!


FreshPaint-30-20140328-021547.jpg

画像は3人の走行ライン。

黄レンジャー選手が最も理想的なラインで立ち上がっているのが分る。

ナナ姫は1コーナーで姿勢を崩してしまい、2コーナーでアンダー気味。
あれだけ2コーナーを開けていると決勝ではインを刺されてしまう。

ひかるも同様、1コーナーでのアンダーが2コーナーにも影響している。
2個目の小山ではタイヤを浮かしてしまい、機体の姿勢制御に余裕が無い為、
ジャンプセクションへの侵入が難しくなる。


ちびっ子達、こういう分析大好きでしょ?


しょせんはTQ取れない男の能書きですが、
まあ、何かの足しにはなるでしょう。

エロメガネがうざい事言ってたな~程度に
理解してもらえれば…と思います。www
スポンサーサイト

2WD レース詳細

< 2WD予選 >

B子は今シリーズ絶好調!!
勿論、最初から表彰台を狙ってました。

今回は準備時間を全てB-MAX4Ⅲに
使ってしまった為、ノーメンテでしたが、
今期の過去実績的にはイケてるハズ!と
自分に言い訳をします。www

今、考えればせめてダンパーオイルくらいは
入替をしておけば良かったと思います。


予選はTQも頂くつもりでいましたが
ナナ姫に取られちゃいました。(涙

しかし、この結果が決勝で良い方向に影響します。



< 2WD決勝① >

スタートグリッドは2番手ですが、
逆に緊張感がなく攻めてイケます。

スタートからゴチャつきますが、
ナナ姫が逃げるのを追う展開。

3位以下は混乱でついてきません。
チャンスです!!

途中、ナナ姫のスタックでトップに立ちますが、
乾いたギャップのある路面で逃げることが出来ません。

発想を切り替え、エロいラインで
姫をブロックして自滅を待ちます。

が!!

自滅したのは自分でした。WWW
最終的にナナ姫にパスされ、2位ゴール。

イケイケのキッズは精神的にも強いぜ!!



< 2WD決勝② >

ここは気合いが入りました!!

このレースが始まる前に4WD決勝①では
トップゴールを決めていたのでイケイケです。

こちらもスタートの混乱がありましたが、
運良くトップで逃亡劇の始まりです!

追う展開は路面状況からして
非常にリスクがあるのは分かっていたので
超ペースを落としてゆっくりと走るだけです。

あとは追走車が自滅してくれるハズです。


レースリーダーは何もしなくても、
ラップ車が道を開けてくれます。

これを利用して後ろから追ってくる
ナナ姫へ間接的な攻撃を仕掛けます。

いわゆる『前から追走車を制御する。』という
大人のテクニックです。www

(全然、効いていなかったかもしれませんが、
ボク的には仕掛けてました。)

ナナ姫の追ってくるポジションを確認しながら、
ラップした車がナナ姫の嫌な位置であたるように
パスしてい行きます。

ずるい事を考えるのは大好きだ。www
悪い事考える時は意外と冷静になれるワタシ。

レース中に思考回路が回るのは、
過去のレース経験からみてもボクにとって良い状態。
ささっきー的ゾーン状態です。www


予測通り、ナナ姫は近づいてくるものの、
ボクをパスするほどの接近は出来ません。

このまま逃げ切りトップゴール。

ナナ姫との戦いは同ポイントで
エクストララウンドへと続きます。



< 2WD決勝③ >

こちらも、このレース前には4WDの総合優勝を
決めていたので、テンションMAXです。

3回目のスタートです!!


スタート直後ナナ姫と接触。

後続車全てを巻き込み、
ブービーナナ、ビリささっきーでレースは展開。

ポイント的にナナ姫に勝てば良いので
現在のポジションを気にする必要はありません。

ただ、ナナ姫の前でゴールが絶対条件!

しかし、先ほども述べた様に
このレースは追う展開になった時点で負けなのです。

途中途中ミスが多く、ナナ姫に引き離されていきます。

姫はなんだかんだ2位ゴール。

何とかビリから踏ん張ったボクも、
4位がやっとのところでした。

悔しかったけど、ナナ姫は強かった!!

ナナちゃん、優勝おめでとう!!

B子よ、今回も激走?!をありがとう!!

俺はまだまだB5に行かないゾ。www



あとがき

実はこの日、練習中一度も門田さんを抜くことが出来なかった。
B5Mと門田さんの組合せは今後の脅威だ!!

3月23日 GBサーキット ラウンドレースに行ってきました!

B-MAX4Ⅲが完成したのが当日の朝6時50分。
久しぶりの徹夜作業はつらかったです。www


正直、組立にはそんなに時間はいりません。

ボクは悩まないタイプの
超マニュアル人間なので時間はかけません。


今回はテスター的にレポートしたかったので
各部調整および使用品は全て標準品(説明書通り)です。


そんな中、一番時間がかかったのがボディ塗装。
これについては時間が無いからといって、単色塗装したくなかった。

単色だとレース中に誰だか分ってもらえず、自分をアピール出来ないので
キッチリ、ささっきーカラーで仕上げました。www



さて、詳細については別レポートするとして、今回の結果を。

2WD 予選2位
2WD 決勝①‐2位ゴール
2WD 決勝②‐1位ゴール 1位が同ポイントで追加ラウンドへ
2WD 決勝③‐4位ゴール
2WD 総合結果 2位

4WD 予選2位
4WD 決勝①‐1位ゴール
4WD 決勝②‐2位ゴール
4WD 総合結果 1位

眠くてうろ覚えですが、こんな結果だったと思います。

予選もTQを取れるレベルだったと思いますが、
人間的なミスが多く両クラスとも2位で終わりました。

まあ、決勝に向けて緊張しない為に2位というポジションは
ボクにとっては最適だったのは事実です。www


今回もB子、B-MAX4Ⅲもすごく良く走ってくれました。
(崎山さん、セッティングありがとう!!!)


みんなみんな、ありがとう!!

まだまだラジコンを続けられそうです!!


P.S.
画像が無いのは、家に帰ってカメラのフタを開けたら、
メモリーカードが入っていなかったから…。

悔しいです!!www(涙



次回、B-MAX4Ⅲのポートが続きます。

まだ終わらない

眠い…。

土曜日は実父の13回忌でまるでラジに触れず。

深夜作業が続いています。(涙


なんかもうくじけそう…。

最悪、B子だけでも表彰台に連れて行かないと…。


眠い…


コスプレ売り子やりたい。

お実行に相談だ。www

進撃の巨人ってメガネキャラいるのかな?

B-MAX4Ⅲ 行程4 メインドライブシャフトの組み立て 行程5 ギアボックスの取付け

特に難しい事は何もありません。 説明書通りです。

ギアボックスにセンターブレースを組み合わせますが、
こちらも精度よくキッチリと噛み込みます。

ユニバーサルは組み立て済みなので一旦分解してグリスアップしました。
正直、分解するのが面倒なので未組立でキットして欲しかったです。

前後2つ作成しますが、前後の違いはドックボーンの長さだけです。
それ以外は同じパーツなので共用が効きます。



B-MAX4Ⅲ 行程5 ギアボックスの取付け
IMG_4631.jpg
特に難しい部分はありません。裏からネジで止めます。

リアのセンターブレース下にはバランスウェイトを取り付ける設定になっていますが、
写真を撮った段階では付け忘れています。www

しかし、重そうな車に思えますが、さらにバランスウェイトとは…。

B-MAX4Ⅲ 行程3 ギアデフの組み立て

IMG_4628.jpg
『えっ!!! 組み立て済み?!』

…なワケはなく、

一応、組んだ状態になっていますがデフオイルは入っていませんし、
ネジも止まっていません。


IMG_4630.jpg
…で、写真的にはいきなり完成!www

ここまで来るのに結構な試行錯誤がありましたが、写真なし。www
肝心なところが無くてすいません。

かなりテンパってたので画像がありません。


説明書で「オイル漏れが気になる時は…」と書かれている
Oリングについては取り敢えず付けておきました。

B-MAX4ⅢユーザーがデフのOリングを入れたとか入れないとか
言っている話はきっとこの部分の話をしていたのですね。w


デフケースのネジが突入する部分(4か所)は、
タッピングビスの突入時の樹脂の盛り上がり(シール力の低下)を
防止する為に面取り加工をするのが良いと思います。

↑これ、偉そうに書いていますが、ボクは処理するのを忘れました。www

あとデフオイルの封入量も良く分かりませんね。
やはり重量で管理するのがもっとも簡単そうです。


続く

B-MAX4Ⅲ 行程2 サイドプレートの取付け

IMG_4624.jpg
メインシャーシにサイドプレートを取付けます。

IMG_4625.jpg
こちらのサイドプレートはものすごく硬い樹脂です。
小さな溝がありますが、こちらもバツグンの制度でメインシャーシに取り付きます。
ガタやバリは一切ありません。

IMG_4627.jpg
裏側からねじ止めし、同時にバッテリーポストも立てたら、この工程は終了です。
この状態でもすでにカッコイイですね。


続く

B-MAX4Ⅲ 行程1 サスマウントの取付け

IMG_4620.jpg
パーツの小分けされた袋には工程順にナンバーのシールが貼ってあります。
分かりやすくて親切です。

IMG_4615.jpg
メインシャーシのこの美しいエッジ加工、是非、見てもらいたい!!

IMG_4618.jpg
加工精度の高さ、技術力を感じます…。

IMG_4621.jpg
シャーシの前後にサスアームマウントを取付けました。特に難しい点はありません。
説明書にはねじロックの指示がありませんでしたが、全てねじロックしました。


続く

B-MAX4Ⅲ 行程0 開封

IMG_4610.jpg
キットの箱です。 意外とコンパクトです。 ドキドキします。www

CIMG0359.jpg
ヨコモの封印を解きます。 これを切ったら後には戻れません。

CIMG0361.jpg
さあ、ヨコモな世界に… ささっきー行きまーす!!

CIMG0363.jpg
箱の中にはびっちりとパーツが入ってます。

CIMG0366.jpg
全部広げるとこんな感じ。
ホイールはイエローホイールが1台分入ってます。
この車の特徴の一つであるアルミのメインシャーシが目立ちます。


さて、続きます。

B-MAX4Ⅲ

IMG_4647.jpg
突然ですが…
この度、GBサーキット様から
サーキット用デモ機(B-MAX4Ⅲ)を預かりました!!

世界戦では松倉直人選手のドライブで2位の車です。
みんなどんな車かすごく気になってますよね?!

この車両を使って今回(3月23日)のレースに出る許可まで
頂いていますので、この車の良いところ、悪いところを
組立~レース終了までささっきー目線で報告していきます。

4駆は何が良いか迷っている人の参考になれば…と思います。


…では!

レースまで時間がありませんので、
早速、組立編スタートです!!!

ラジコンの神様達教えてください!(笑)

ささっきーが2014年シーズンにGBラウンドで
一番沢山表彰台に上がれる4WDを教えてください!!(笑)


ついでにもう一つ…。

ささっきーがデュランゴ買ったら、
ヨエン先生みたいに速く走れますか?(笑)

続いてカクタス!

…でも、キャバ様2WD不調?!


B5って、どうなんだろうか?

正直、いまいちオーラを感じない。


逆にRB6は絶対に走る気がする。ビンビンする!

今から買うのが悔しくて今更買えないっていう

ささっきー的なへそ曲がりが絶対沢山いると思う。


あと見た目のカッコ良さはサーパントだな。



しかしコースレイアウトがつまんない!

2駆も4駆もそんなに変わらないラインや

変わらない走り方出来るコースは見ててつまらない。

2駆も4駆のそれぞれの特徴が生きるコースにして欲しい。


最低でも周回方向を逆にするとかして欲しい。

…と思うのでした。

EOS 4WD

bayerwin.jpg

マーティン・ベイヤーの2連取で決まった模様。

確か開催国はスロバキア…。

ってことは、XRAYのお膝元、いわゆる地元勢なんだろうなぁ。


…にしても速いね。

室内特化型の可能性もあるけど、

世界にはスゲー奴がいくらでもいるんだなと思った。

GBオンロードコース コース変更

今度のレイアウトはかなり面白い!

お実行! ご苦労さまでした!!

見どころ、攻めどころ満載です。

みんないい感じにセットが進んできています。

ちょっとサボると一気に差がつきそうで怖い。


太陽くん、ちょっと練習しただけで凄く良く走ってた!

太陽フェラーリも練習の成果で良く走ってた!

修さんのB-MAXミッドも良く走ってた!

ほのちゃんも自前の足で良く走ってた!

奥さんB子も良く走ってた!
セッティング1か所教えてもらった!

ノグGTも良く曲がってた!

崎山さんボディも良く似合ってた!

お実行コースレイアウト最高だった!




ノグの車を借りた太陽くんとのバトル楽しかった。


きっと太陽くんは、GTの楽しさを知り、そして更に…

『ささっきーさん、カッコイイ!!』

『将来はささっきーさんの様なドライバーになりたい!!』

と、思ったに違いない。 わっはっは!www



太陽くん、毎週GT持ってきなさい!

ささっきーさんが色々教えてあげよう!

ただし、ささっきーさんより速くなってはイケないゾ!!www

EOS 2WD

grid_naoto.jpg

直人くん2位だ。スゴイなぁ~。 まさしく世界レベル!!

スリッパーカバーの肉抜きもスゴイぜ。w


TQを取ると3ラウンドともトップスタート出来るのもスゴイぜ。
(もしかしたら、これって常識なの? 世間知らずですいません。www)

つまり一番有利なポジションを3回も与えられるのだから、
総合2位は多分相当悔しかったハズだ。


しかし、XRAYの2駆…

ノグと二人で4駆のシャフト抜いただけとバカにしてたけど、

マーティン・バイアー(ベイヤー?)は、マジで速かったね。

単なるキワ物の車じゃないあたりはXRAYの本気を感じます。


直人くんには4WDで勝って欲しい!! ファイト!!

EOS

track_1.jpg

如何にもヨーロッパな素晴らしいコースだ。
ボクも一度はこんなコースで走ってみたい。

しかし!

『やっぱりこれはオフロードじゃない!』と思う。


ささっきー的表現で言うなら、
これは『室内バギー』であり『オフロード』ではない。

オフロードの本質とは何だろうか?


やっぱりオフロードの本場はアメリカだなと感じた。

ていえろあーる224

春近し!!
間もなくヒーラー始動か?!

最新224は、
外見上は大きく変わってないが
良く見ると確かに違う!!

ホンモノ見たいッス。(笑)
ねー! みんな!

なんだか…

めちゃめちゃタミヤ(ベルト車)が
やりたい気がしてます。

遠回りする悪い癖か?!

今はB子が良く走ってるので、
まずは四駆を替えて気分を変えたい。

4Ⅲも超欲しいけど、
GBの皆が買った後なので、
後から買うと、それだけで
負けた感がするのは悔しい。(笑)

まだ新車に手を出していない
次郎さん、崎山さん、ノグは
京商か?!

まもなくGB9周年!! 記念レース(入場テーマ曲案)w

お実行様

9周年の記念レース時にはAメインの選手紹介に
是非これらの入場テーマを使ってほしい。www

曲の割振りは完全にボクの趣味です。

一人に1分くらいづつ時間もらって…
10人の紹介だけで約10分です。www



<カイト入場曲>
今、一番ノッってるカイトには、これまたプロレス界で一番ノッてる
金の雨を降らせる男 レインメーカー オカダカズチカの曲を選択。www



<狭山さん入場曲>
グリーンのタイツカラーが狭山さんのボディカラーを連想させたので
全日本プロレス 三沢光春の曲を選択。(ノアの三沢じゃないところがポイント)
どことなく顔も似てる?!www



<崎山さん入場曲>
GB発足から2~3年目までは全て崎山さんが勝ってました。
ずっと、すげーなーと思ってみてました。まさしく『爆勝宣言』。
最近は走行量がかなり減って『爆笑宣言?!』
そんな崎山さんには橋本真也の曲を選択。



<ナナちゃん入場曲>
夢は諦めない。 この白い翼でどこまでも飛んでいける!
ナナちゃんにはスターダストジーニアス 内藤哲也の曲を選択。



<石毛さん入場曲>
視界に入ったらどこまでも追いかける!
そんな猛牛の様な走りから連想した 浮沈艦 スタンハンセンの曲を選択。
さあ、叫ぼう! 『ウィィィー!!!』



<マイケルさん入場曲>
どんなじゃじゃ馬も乗りこなしてみせる?!
そんなマイケルさんには 長州力の曲を選択。www



<ささっきー入場曲>
ファンを愛する気持ちもサーキットを愛する気持ちもきっと同じ!?w
百年に一人の逸材、棚橋弘至の曲を選択。
『GBサーキットのみなさーん! 愛してまーす!』www



<お実行入場曲>
常に新しい何かを求める姿勢が似ている。
そんなお実行には 新しい価値の創造、中邑真輔の曲を選択。



<次郎さん入場曲>
天才?!の片鱗を小出しに見せる次郎さん。www
そんな次郎さんに プロレスの天才、武藤敬司の曲を選択。



<門田さん入場曲>
荒武者って言葉で何となくすぐに門田さんをイメージ。www
そんな門田さんには 荒武者、後藤洋央紀の曲を選択。



<ノグ入場曲>
ノグの走りは何となくストロングスタイルかな?と思ったので
そんなノグには UWFのテーマを選択。



<奥さん入場曲>
秘めた闘志が曲の冒頭の稲妻の音と重なります。
そんな奥さんには 天龍源一郎の曲を選択。



お実行! お願いしまーす!www

やっぱり出るんだ、京商ZX-6!?

谷田部辺りでは周知の事実なのかもしれないけど、
やっぱり出るみたいですね!!


KOのブログ内でオートモデルの野口選手がKOのサーボを
紹介しているのですが、その中で以下の様に発言してます。

『今年はこのRSx2レスポンスと2WDはアルティマRB6ミッド仕様、
4WDはもうすぐ発売になるレーザーZX-6でやっちゃいますよ!』


!!! もうすぐ発売?!

野口さんが言うんだから間違いないでしょう。


もうすっかり新車の話も出なくなったので、
立ち消えかと思ってましたが気になりますね。

次の新車はBMX4Ⅲに心は決まっていましたが、
後出しジャンケンの強みを考えると、注目せずにはいられません。

どんな車か非常に楽しみです。

発見!!



崎山室長、お実行、発見しました!!

これなら空撮出来そうです!!

しかもコントローラーはお実行のIPADを使えばOK。


ホバリング時の安定性はバツグン。

レビューしている方が微妙にのっぽさんに似てるのは内緒です。www
カレンダー
02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
全記事(数)表示
全タイトルを表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
リンク